【動画解説】ミコノス島の移動手段はバギーの一択。素敵な街並みを颯爽とゆく

今年(2017年)の夏の旅行はなんと・・・

ミコノス島に行ってきました☺️

f:id:journeysurf:20170924192720j:plain

今年度大人気の観光地となり、日本でも人気沸騰中の島です。

白と青と赤が入り混ざった不思議な雰囲気の島☺️

 

今回記事にしたのは、

旅行先での移動手段の話です。

 

過去に、バリ島レンボンガン島でのバイクで島一周を記事としましたが、

今回は道が不安定なところも多いので4輪のバギーが冴え渡ります!!

 

journeysurf.hatenadiary.jp

 

・バギーはここで借りるべし

私たちがバギーを借りたところは、「Apollon」

f:id:journeysurf:20171029102659j:plain

一日レンタルで、約3千円

ちなみに国際免許の提示を求められますので、事前に取得して置いてください。

定員さんも親切でなんでも、オフィスが信頼感ある感じです!! 

 

f:id:journeysurf:20171029102706j:plain

 

ちなみに場所はここら辺です!!

・バギーの運転の注意点

私が行った9月は少しだけ気候が落ち着いてきていてはいるものの、日中の日差しが半端なく強いので、日焼け対策は完全にして行ってください!

あまりアクセルを強めすぎると、エンジン止まります・

(見た目はごっつくて、強そうだけど意外とセンシティブなところのあるバギー)

 

・バギーだからこそ行けるとっておきの場所

かの有名なパラダイスビーチをはじめとして、ミコノス島1綺麗と言われるビーチに行きました!

一つ後悔をしているのが、行きの船がオールドポートについたので、ニューポートにある船着場の雰囲気が抜群にオシャレなので、そこへ行けばよかったと少し後悔しております・・・

 

・ガソリンの入れかた

ガソリンスタンドはミコノスタウン付近に数多く存在するので、ガスにはあまり困らないのが状況です。

ガソリンは日本みたく、金額や量を指定して(自分で)入れるのではなく、お金を指定し、スタッフの人が入れてくれます!ちなみに、3時間ほど走ったバギーですが、5ユーロほどで満タンになりますのでガス代はほとんどかかりません(私が借りたバギー屋は満タン返しなので・・・)

 

 

www.sk-free-journal.com

 

 ホテルの紹介もしておりますので、合わせてご確認くださいね☺️

www.sk-free-journal.com

 

海外旅行の一つの思い出としてバギーに乗ってみてはいかがですか??

今動画編集をしているので、バギーの動画が完成したらここにアップしようと思います!