過去最大!モッピーへの新規会員登録で2,000ポイントはこちらから

auWALLETポイントとPontaポイントの統合|メリットとデメリットを解説

auポイントとPontaポイントの統合のメリット・デメリット

auのポイントPontaのポイントが2020年5月に統合されるというニュースが入りました。

KDDIは5月下旬に「auPAY」IDとPontaカードを連携させる事で、ポイントが利用できる店舗や貯まるお店が多くなります。
IDの連携手続きに関してKDDIから5月下旬に公式発表があります。

ポイント統合に関して

auポイント→Pontaポイントの統合。

・au支払いでPointaポイントが2倍貯まる

・Pontaポイント利用で有効期限が延長

はかなり嬉しいポイントです!他にもメリットあり。知っておくべきべメリットを解説。

koko

今回の統合はメリットが大きいと思えますが、利用者によってはデメリットもあり!5月下旬に利用者は何もしなくてもPontaポイントに自動で切り替わる。

auWALLETポイントとPontaポイントの統合の詳細

ポイント新時代の到来か?

〇〇PAY(キャリア系)流通ポイントの統合。

これはキャッシュレス決済の新時代の突入の幕開けか?

  • 統合に伴うメリット
  • 統合に伴うデメリット
  • うまく利用するためにどうすれば良いか?

について解説をして行きます!

auポイントがPontaポイントに変わるメリット

利用者によってはメリットと感じるところが複数ある。

まず、今まで利用出来たお店はそのままに新たに利用出来る店舗が追加されます!
それを踏まえてメリットを押さえておこう!

Ponta提携店舗でPontaポイントが貯まる

ここは今までと変更はありません。貯まるポイントはPontaに統合です。

統合でより一層Ponta提携店舗は増えてくる事は間違いないでしょう!

Ponta提携店舗でauPAY(コード払い)でPontaポイントが2倍貯まる

例えばローソンは「auPAY」利用でPontaポイントが2倍が貯まる。

ローソンはauPAYが利用できるため、auPAYで支払いを行うとダブルでPontaポイントを貯められるようになります!

Pontaポイントを貯める、使うと有効期限が延長される

1年の有効期限はPontaポイントを貯める、もしくは使うと有効期限が延長されます。

Pontaポイントが貯まるクレジットカードがあれば、実質有効期限が無期限になる。

auポイントがPontaポイントに変わるデメリット

知っておくべきデメリットをご紹介します。

有効期限が短くなる

auポイントの有効期限は4年。一方Pontaポイントは1年です。約3年も短くなるのは大きなデメリット。

しかし、Pontaポイントを利用すると有効期限は延長され実質無期限になる事が保証されています。利用しなければポイント失効の可能性はあります。

IDの連携が必要

5月末時点で一斉にauポイントからPontaポイントに自動移行がされますが、もともとのauポイントはauのサービスでしか利用出来ないPontaポイントとなります。

このPontaポイントを「ローソンのお試し引換券」などで利用する場合は、「IDの連携(auIDとPontaID)」が必要です。

koko

IDの連携方法は5月末のKDDIの公式発表を待ちましょう!今のところ詳細は分かりません

Pontaポイントが貯まるクレジットカードで有効期限が無期限になる

Pontaのポイントの有効期限は1年ですが、利用すれば延長されます。

このルールを活かすためには、「Pontaポイントが貯まるクレジットカード」で決済(携帯代や水道光熱費など)すれば自動で有効期限を延長(実質無期限)に出来ます。

Pontaカード一覧(クレジット機能付き)

おすすめのカードは「ローソンPontaカードVisa」か「JMBローソンPontaカードVisa」の2つです。

マイルを貯める人はJMBポイントカードがおすすめ

JALマイルはPontaポイントと0,5倍の還元率(1,000ポイント=500ポイント)で移行ができる。

今回の統合でよりJALマイルが貯めやすくなる!

JALマイルの貯め方|陸マイラー直伝【陸マイラー直伝】JALマイルの貯め方|年間で30万マイル以上貯めるおすすめの裏ワザ

陸マイラー的視点で考察|ポイントの3重取りが可能

陸マイラーはポイントを貯める事に熱心。

今回の統合はメリットと捉えるべきです。日常の決済をクレジットカード払いから「auPAY」に変えるだけで、ポイントの3重取りが可能。

  1. auWALLETへのチャージ(クレジットカードにて)
  2. auPAY決済
  3. Ponta店舗利用

koko

auPAYに乗り換える良いタイミングかもしれません!普段からクイックペイを利用している人は絶対に乗り換えて損はしません!

auポイント・Pontaポイントの還元率は0.5倍から1倍になる

今回のメリットはPontaポイントが貯まる店舗でauPAY決済をするとポイントが2倍貯まるという事。

利用できる店舗を押さえおきましょう!

Pontaポイント提携店舗一覧

  • ビックカメラ
  • ローソン
  • じゃらん
  • KFC
  • GEO
  • ライフ
  • すき家

など今後も拡大していく事は間違いなしです。

Pontaポイントが利用できる店舗・サービス一覧はこちらをご覧ください

まとめ

2大ポイントの統合はかねてから行われきましたが、IDの連携を5月末に実施する。これは大きくポイント業界が変化するスタートラインになると感じています。キャリアポイントと流通ポイント、それからTポイントなども大きく動いてくる可能性はあります。最後にポイントの統合について振り返ります。

  • 5月末にID連携が必須
  • 手持ちのauポイントは自動でPontaポイント
  • 元々のauポイントはauサービスでのみ利用できるPontaポイント
  • ポイント有効期限は1年
  • Pontaポイントを利用すれば有効期限の延長が可能
  • auPAYでPonataポイント提携店を利用すればポイント2倍

関連記事|副業(ポイ活)で月3万〜5万を稼ぐ王道の方法

今回ご紹介をした「ポイントの統合について」

ポイント界隈をしっかり理解してポイ活をしましょう!

ポイ活で月5万を稼ぐには、以下のポイントサイトの利用がおすすめです!
利用するポイントサイトは「モッピー」「ハピタス」「ECナビ」「ファンくる」「ポイントタウン」の5つです。

  1. 高額案件(10,000円以上の案件)を1つか2つ実施=10,000円〜20,000
  2. 外食モニターは月2回実施=5,000円〜10,000
  3. 資料請求や通販モニター=3,000
  4. 隙間時間(通勤時間や寝る前)にアンケート=1000
  5. 通販サイトや旅行サイトは必ずハピタス経由=5,000
  6. 知り合い(ご家族・友人)を招待(ポイントバック)=2,000円〜3,000

月5万を目指すためのポイントは、「高額案件の実施」と「友人紹介」です。
高額案件でおすすめなのは「クレジットカードの発行案件」です。一つクレジットカードを発行するだけで、ポイントサイトのポイント+クレジットカード会社のポイントの2重取りが可能です。年会費がかかるクレジットカードもありますが、獲得ポイントと比較して得をするかどうかという判断基準で発行するのをおすすめします!

15種類くらいのポイントサイトを紹介しているところもありますが、正直言ってそんなに登録すると「管理が面倒になる」のが目に見えています。せっかく登録してポイントを獲得したのに、移行を忘れてしまったら無駄になります。

当ブログでは、上の5つのサイトのみ登録すればほとんどが網羅できるように区分けされているのでご参考にしてください!

関連記事決定版!ポイ活で月3万〜5万を稼ぐ方法をポイ活の達人が教えます!

関連記事陸マイラーの始め方講座|初心者が年間50万マイルを貯める王道の方法と裏ワザを紹介

JALマイルの貯め方|陸マイラー直伝【陸マイラー直伝】JALマイルの貯め方|年間で30万マイル以上貯めるおすすめの裏ワザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です