ANAアメックス発行で最大13.9万マイル>

【2022年マイル戦略】TOKYUルート閉鎖によるANAマイルが貯まるルート2選

マイルを貯めたいけど還元率50%で全然貯まらない!

これが「マイル初心者」の尽きない悩み。それを解説してくれるのがANAマイル交換ルート

など4,5年前から陸マイラーを続けている人は聞き馴染みがありますが、ANAマイルを貯めるためには「マイル交換ルート戦略」を知っておくべき必要があります!

陸マイラーはポイントサイトで貯めたポイントをより高い還元率でマイルへ交換できたものが上級者です!

今回は、2022年までは1番の還元率(75%)を誇るTOKYUルートが閉鎖するため、これからのマイル戦略について累計100万マイル以上貯めたトラベル太郎が分かりやすくカジュアルに解説します!

2022年移行必須のルートはこれ

  1. みずほルート
  2. NIMOCAルート

個人的には移行回数が少ないNIMOCAルート推しです!

それぞれのルートがどのようにポイントサイトからANAマイルに移行をさせるのか?還元率はどうか?を徹底解説しています!

koko

公式サイトからの登録は損をしてしまいますので必ず紹介経由での入会がおすすめ

最新!マイルが稼げるポイントサイトはこれだ!

  1. モッピー(入会特典2,000Pこちらから)
  2. ハピタス(入会特典1,000Pこちらから)
  3. ECナビ(入会特典1,100Pこちらから)

累計850名以上に紹介をした実績がございます。紹介経由で当方には一切わかりませんご安心して入会いただけます!

【2021年の大事件】事の発端はTOKYUルートの閉鎖|マイルルートの変遷

f:id:journeysurf:20191127142906p:plain

みなさん、このANAマイルルートはご存じだろうか?

TOKYUルートとは?

  • ANAマイルへ最短(1ヶ月程度)で移行可能
  • ANAマイルへ75%で移行可能

とにかくANAマイルを大量に貯めたい人は絶対に必要な方法でした。

この最強の還元率を誇るルートが2022年3月に閉鎖となるニュースが飛び込んできました!

\どんな内容か動画でチェックはこちら/
1,5倍速がおすすめ

koko

もうこのルートは使えないので、2022年以降は別のルート(主に3つ)を勉強する必要があります!

2022年以降必須のANAマイルルート2選+ポイントサイトキャンペーン併用

TOKYUルート閉鎖に伴い、ANAマイルの還元率が下がった・・・と悲しんでいる人へ!

まだ諦めるのは早いです!代替ルートはまだ残されています!今回は還元率が高く維持ができる3つのルート2つのキャンペーンをご紹介します!

  1. みずほルート
  2. nimocaルート
  3. モッピーのキャンペーン(現在中止)
  4. ハピタスのキャンペーン(現在中止)

個人的にはみずほルートが一番おすすめ/ポイントサイトのキャンペーンに期待!というところです。

それぞれ分かりやすく解説をします!

【一番おすすめ】2022年最新ルート①みずほルート|還元率70%

TOKYUルートよりは若干劣りますが、還元率を70%で維持ができる2022年以降一番おすすめのANAマイルルート

  1. ポイ活でポイントを貯める
  2. Tポイントに交換(1,000P=1,000P)
  3. JRキューポに交換(1,000P=1,000P/JQ セゾンカード必須)
  4. 永久不滅ポイントに交換(1,000=200P)
  5. ANAマイルに交換(200P=700マイル/ANAマイレージみずほ必須)
【完全版】みずほルートとは?ANAマイルを70%還元率で貯める陸マイラーのANAルート【完全版】みずほルートとは?ANAマイルを70%還元率で貯める陸マイラーのANAルート

【完全版】みずほルートとは?ANAマイルを70%還元率で貯める陸マイラーのANAルート

※交換手順や注意点など徹底的に解説しております!

還元率70%を維持したままANAマイルに移行が完了します!

※ご注意点;永久不滅ポイントへ交換をする際にポイントは減少しますが、永久不滅ポイントの1ポイントの価値は1P=5円の価値になります。最終的にANAマイルへの還元率70%を確保して移行が可能です。

永久不滅ポイント1ポイント=ANAマイル3.5マイル

※みずほマイレージカードはANAマイルへ優遇レートで交換ができる特典なカード

みずほルートのメリット・デメリット

メリット一覧

  • 還元率が70%と高い
  • nimocaルートよりはWEBのみで交換が可能

デメリット一覧

  • 必須クレジットカードが2枚も必要
  • 移行日数が1ヶ月以上かかる
  • 交換回数が4回と多い

など一長一短です。

 

【エリア限定】2022年最新ルート②nimocaルート|還元率70%

  1. ポイントサイトのポイント
  2. Pexポイントに交換(還元率:100%)
  3. nimocaポイントに交換(還元率:100%)
  4. ANAマイルに交換(還元率:70%/九州函館の交換機が必須)

還元率は70%/移行日数は最短でも3週間〜1ヶ月半程度での交換が可能です!

ニモカルートのメリット・デメリット

メリット一覧

  • 還元率が70%と高い
  • 必須クレジットカードが1枚でOK
  • 交換回数はみずほルートより少ない
  • 最短3週間と移行日数も少ない

デメリット一覧

  • 九州・函館の交換機での手続きが必須
  • 交換の都度旅費がかさむ

nimocaポイントが交換できるエリア一覧

koko

マイルを交換する口実で旅行に行けるのもアリ!在住じゃなくても旅行好きにはこっちのルートでもOKです!

モッピー|ANAマイル還元率アップキャンペーン

ポイントサイト「モッピー」ではエクスプレスキャンペーンとして、ANAマイルへの交換が実質86.3%になる脅威のキャンペーンを実施していました!

こちらのキャンペーンは一旦11月に終了をしておりまして、次回のアップデートに期待をしたいところ!

ハピタス|ドットマイル20%増量キャンペーン

こちらのキャンペーンは2022年3月末まで延長となりました!

それ以降は、TOKYUルートの閉鎖によって一緒に閉鎖する可能性が高く、新たなハピタス限定のキャンペーンが始まることを期待しています!

各ポイントサイトからdポイントへの20%増量キャンペーンはありましたが、その内容のようにドットマネーから「TOKYUポイント」への移行で20%増量になるのは陸マイラーにとってはかなりの朗報と捉えて良いです!

①ハピタスに登録で1,000ポイント獲得

②ハピタスゴールド会員限定で、ドットマネー経由でTOKYU POINTに交換するとドットマネー20%増量

ここが重要なポイントですが、20%の増量の条件は必ずTOKYUルートでTOKYUポイントに移行する事が必須です。まさに陸マイラーにはうってつけのキャンペーンではないでしょうか?

ハピタスからドットマネー経由でTOKYUポイントに1,000ポイントを移行をすると、200ドットマネーが増量されます。
1,000ポイントで獲得できるマイルは900マイルになるので還元率は90%となります。

koko

前述した「みずほルート」・「nimocaルート」を活用せずとも、ポイントサイトからの還元率は50%です。ルートを活用するのが面倒な人は直接交換でも問題ありません!

 

ポイントサイトからのマイル還元率を上げる方法まとめ

ポイントサイトから直接交換でもマイルの還元率がアップするキャンペーンを実施していました!

ANAマイルへの交換はTOKYUルートが大前提のキャンペーンのため、2022年3月に閉鎖することは確実かと思います。その分ほかのルートのキャンペーンがくると思いますので随時アップデートする予定です。

ポイント
サイト
ANAマイル
還元率
JALマイル
還元率
キャンペーン名
モッピー 75% 92% ANA:エクスプレスキャンペーン
JAL:ドリームキャンペーン
ハピタス 93.7% 92% ANA:ドッとマイルキャンペーン
JAL:直接交換レートUP
ECナビ 75% 50%
(71.4%)
ANA:なし
JAL:レートUPキャンペーン
他サイト 75% 50% 基本的な還元率
TOKYUルート

基本的なマイル還元率は「ANAマイル:75%」「JALマイル:50%

ここで、ANAマイルをどう貯めるか?が問われます!

  • 還元率は無視して一番簡単なポイントサイトからの直接交換をする
  • 還元率を重視したANAマイルルートを活用する

還元率を無視して直接交換をすれば、余計なカードを発行する必要もありません!

ですが、やっぱりより多くのANAマイルを貯めたい!という場合はANAマイルルートは攻略しておきましょう!

まとめ|これからのマイル戦略をどうするか?

それでは私(トラベル太郎)ならどうやって攻略をしていくかご紹介をします!

  1. みずほルート(還元率70%)が一番おすすめ
  2. 九州・北海道在住の人はnimocaルート(還元率70%
  3. 移行回数を少なく済ませたい人はnimocaでもOK(旅行も兼ねて)
  4. nanacoルート/ポイントサイトルートは期待していない
  5. ルートを通すのが面倒な人は直接交換(還元率50%)でもOK

ポイントサイトからのマイル直接交換は還元率50%のため、マイルルートを活用すると+20%でマイルが貯まりやすくなります!

 

ANAマイルの貯め方|裏ワザ不要の初心者おすすめの方法【超簡単】ANAマイルの貯め方|初心者でも裏ワザ不要で年間50万マイル貯めるおすすめ方法

【超簡単】ANAマイルの貯め方|初心者でも年間50万マイル貯める方法

さらに個人的な強力的なマイルの貯め方は、発行するクレジットカードを選ぶことです。

「マイルを大量に貯めたい!」という強い心をお持ちの方はぜひANAアメックスゴールドカードを検討してみてください。今なら最大139,500マイルを一発で獲得することが可能です。

【最新139,000マイル】ANAアメックスゴールド新規入会キャンペーン

koko

公式サイトからの登録は損をしてしまいますので必ず紹介経由での入会がおすすめ1

最新!マイルが稼げるポイントサイトはこれだ!

  1. モッピー(入会特典2,000Pこちらから)
  2. ハピタス(入会特典1,000Pこちらから)
  3. ECナビ(入会特典1,100Pこちらから)

累計300名以上に紹介をした実績がございます。紹介経由で当方には一切わかりませんご安心して入会いただけます!

2 COMMENTS

名無し

永久不滅ポイントからANAマイルに変換する際、ANAマイレージクラブには1ポイント=3マイルとの記載があるため交換効率は70%ではなく60%ではないでしょうか。

返信する
トラベル太郎

ご連絡ありがとうございます。
永久不滅ポイントからANAマイルには「みずほマイレージセゾンカード」を利用すると還元率は100P=350ANAマイルと優遇レートでの交換が可能になります。
そのため、還元率は70%となります。他、ご不明点などございましたらお知らせくださいませ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA