ANAアメックス発行で最大7.9万マイル>

【新旧比較】マリオットボンヴォイアメックスの特典・サービス・ゴールド会員資格

マリオットボンヴォイカード誕生in日本

ですが、かなり賛否両論あります・・・!

2022年2月8日にプレスリリースとなりました、マリオットボンヴォイアメックスカードについてカードの特典内容はどうなったのか?徹底解説いたしますYOUTUBE・Twitterで新カードについてアンケート結果はこちらです。

  • 解約派は25%
  • 継続または、メリットを感じる派は12%
  • デメリットを感じる派は25%
  • とりあえずは1年間程度継続をしてみる派は40%

デメリットに感じている人が多い結果となっております。

アメックス公式サイトの情報はこちら

7対3程度で解約、もしくは継続するも改悪と感じているとのことです。

YOUTUBEのアンケート内容をチェック

後半で、「それでも私はカードを保有し続ける理由」とともに、カード継続・利用をおすすめする人、そうでない人を徹底的にご紹介させていただきます。

  1. マリオットボンヴォイアメックスの特徴・サービス一覧
  2. SPGアメックスとの比較
  3. カードを継続・新規発行すべきかどうか

について分かりやすくカジュアルに解説をします。

2022年2月28日|ついにマリオットボンヴォイアメックスが爆誕!

かなり昔から噂はされていま下が、ついに日本でも誕生いたしました!

米国ではすでにカードの切り替えが完了しており、日本はいつだいつだ!と噂されていました。

  • マリオットボンヴォイプラチナアメックス
  • マリオットボンヴォイアメックス

の2種類のカードが誕生!

大きな変更点

  1. 年会費の改定(34,100円→49,500円
  2. 通常カード、プラチナカード2種類の用意
  3. 無料宿泊特典の獲得条件の改変(150万決済が必要
  4. 400万以上のカード利用でプラチナ会員
  5. 条件達成で100ドルのホテルクレジット付与
  6. エリート達成のための宿泊実績の付与数変更(5泊→15泊

など人によってはメリット・デメリットのある改定が行われました。

このカードは俺にメリットのあるカードなのか?

マリオットボンヴォイアメックス・マリオットボンヴォイプラチナアメックスのサービス・特典一覧と比較

旧 SPGアメックスカードから継続で引き継ぎがされるのは年会費49,500円プラチナカードの方ですが、それぞれどのような特典・サービスがあるかチェックをしましょう!

  • マリオットボンヴォイプラチナアメックス
  • マリオットボンヴォイアメックス

それぞれのカードの特徴についてまとめました!

Marriott Bonvoy
アメックス比較
年会費 23,100円(税込) 49,500円(税込)
無料宿泊
継続特典
1泊
35,000P+15,000P
最大50,000P無料宿泊特典
1泊
50,000P+15,000P
最大65,000P無料宿泊特典
還元率
ホテル利用時
100円=4ポイント
(通常決済時は2P)
100円=6ポイント
(通常決済時は3P)
エリート
資格
シルバー:○
ゴールド:年間100万決済
ゴールド:○
プラチナ:年間400万決済
追加特典
通常特典
追加特典には★マーク
100$のホテルクレジット
スマホプロテクション
手荷物空港配達(羽田)
・客室のアップグレード
・レイトチェックアウト
・40社の航空マイルに移行
・P有効期限24ヶ月
・マイル還元率1.25%
100$のホテルクレジット
スマホプロテクション
手荷物空港配達(羽田)
・マイル還元率1.25%
・客室のアップグレード
・レイトチェックアウト
・40社の航空マイルに移行
・P有効期限24ヶ月
入会特典 最大10,000P
3ヶ月以内に10万円決済
入会フォームはこちらから
最大30,000P
3ヶ月以内に10万円決済
入会フォームはこちらから

紹介キャンペーンに関しては、流石に年会費を上げておいて特典は据え置きは考えられないので、2月25日以降に特大の新カード誕生キャンペーンが実施する可能性があります!

新規カード発行を検討中の方は、現時点では保留しておいた方がよさそうです!

 

SPGアメックスカードとの比較

まずは現行のSPGアメックスカードとのサービス内容を比較してみましょう!

正直ここが一番気になるところ。今までが素晴らし過ぎたのか?それとも・・・

ホテル系
クレカ比較
年会費
(本会員)
23,100円 49,500円 34,100円
無料宿泊
継続特典
1泊
35,000P+15,000P
最大50,000P無料宿泊特典
1泊
50,000P+15,000P
最大65,000P無料宿泊特典
1泊
50,000P分の無料宿泊特典
還元率
ホテル利用時
100円=4ポイント
(通常決済時は2P)
100円=6ポイント
(通常決済時は3P)
100円=6ポイント
(通常決済時は3P)
継続特典 宿泊実績+5泊 宿泊実績+15泊 宿泊実績+5泊
エリート
資格
シルバー:○
ゴールド:年間100万決済
ゴールド:○
プラチナ:年間400万決済
ゴールド:○
プラチナ:×
追加特典 ・100$のホテルクレジット
・スマホプロテクション
・手荷物空港配達(羽田)
・100$のホテルクレジット
・スマホプロテクション
・手荷物空港配達(羽田)
ブランド
ザ・リッツ・カールトン
シェラトンマリオット
ウェスティンWホテル
セントレジス
ザ・リッツ・カールトン
シェラトンマリオット
ウェスティンWホテル
セントレジス
ザ・リッツ・カールトン
シェラトンマリオット
ウェスティンWホテル
セントレジス
おすすめ
ポイント
・客室のアップグレード
・レイトチェックアウト
・40社の航空マイルに移行
・P有効期限24ヶ月
・マイル交換100=1.25
・客室のアップグレード
・レイトチェックアウト
・40社の航空マイルに移行
・P有効期限24ヶ月
・マイル交換100=1.25
・客室のアップグレード
・レイトチェックアウト
・40社の航空マイルに移行
・P有効期限24ヶ月
・マイル交換100=1.25

紹介特典 最大10,000P
3ヶ月以内に10万円決済
入会フォームはこちらから
最大30,000P
3ヶ月以内に10万円決済
入会フォームはこちらから
最大49,000P
公式より+10,000P
3ヶ月以内に10万円決済
入会フォームはこちらから

 

マリオットボンヴォイアメックスプラチナになって変更されたメリット・デメリット一覧

今回のサービス・プログラム変更で一体どうなったのか?

メリット一覧

  1. 年間400万円以上の決済でプラチナエリート資格を付与
  2. 宿泊実績を付与(5日→15日)
  3. 100ドル(10,000円相当)のホテルクレジット付与*獲得条件あり
  4. スマートフォンプロテクション
  5. 帰国時手荷物配送(対象エリアに羽田空港追加)

デメリット一覧

  1. 年会費がUP(34,100円→49,500円)
  2. 無料宿泊特典の獲得条件が悪化(カード継続のみ→150万決済必要)

などメリットが増えた一方、カードの主要特典の改悪が発生しております。

詳細をチェックしていきましょう!

【新特典】年間400万以上の決済でプラチナエリート資格にアップグレード

  • 集計期間:毎年1月1日〜12月31日
  • 取得条件:期間中400万以上のカード利用達成でプラチナエリート資格へのアップグレード

以前のプラチナエリートへの会員資格は、年間50泊以上(または申告制のプラチナチャレンジ完了)で会員資格を保有することができましたが、カードの決済だけで上級会員のアップグレードができるのはメリットです。

プラチナ会員の特典とは?

マリオットのプラチナ会員にはかなりの特典が付与されます。

  • 無料の朝食・ウェルカムギフト
  • ラウンジへのアクセス
  • スイートルームを含む客室のアップグレード

裏ワザ・コツ解説|SPGアメックス特典で客室のアップグレード

まずは、今までのSPGアメックスカードのゴールド会員資格を振り返りましょう!

  • 会員料金での予約
  • 宿泊でのポイントボーナス(25%)
  • 優先のレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトで500Pプレゼント
  • スイートルームを除く客室のアップグレード

koko

ゴールドメンバーだけでもこれだけのメリットがあります!他のランクとの比較は下の図をご覧ください

さらに、新マリオットボンヴォイカードでは400万以上の決済でプラチナ会員になれます!

特典(対象となる年間宿泊数) 会員〜9泊 シルバー
10〜24泊
ゴールド
25〜49泊
プラチナ
50〜74泊
チタン
75〜99泊
アンバサダー
100泊以上
無料ネット
会員料金
モバイルC/I
完全予約保証
ポイントボーナス ○10% ○25% ○50% ○75% ○75%
優先L/O ○午後2時 ○午後4時 ○午後4時 ○午後4時
エリート専用予約
ウェルカムギフト ポイント ポイント ポイント ポイント
アップグレード スイート スイート スイート
ラウンジアクセス
客室タイプの保証
年間チョイス特典
年間チョイス特典
48時間前予約保証
アンバサダー

ゴールド会員/プラチナ会員の比較

  • ポイントボーナス:25% → 50%
  • 優先レイトチェックアウト:14時 → 16時
  • 客室のアップグレード:スイート除く → スイートルーム含む
  • ラウンジアクセス:なし → あり

大きな変更点はこちら。ホテルステイを思う存分楽しみたい人はプラチナは嬉しい特典が豊富!

 

【新特典】無料宿泊特典のリニューアル|条件は厳しくなったが利用可能ポイント増量

無料宿泊特典の付与条件

  • 毎年のカード継続(年会費支払い)
  • プログラム期間中に年間150万円以上の決済
  • さらに最大で15,000Pを付与(新特典)

で無料宿泊特典の50,000P+15,000P(最大で65,000P)を付与

SPGアメックスカードでは、カード継続(年会費の支払い)で無条件で無料宿泊特典を付与しておりましたが、マリオットボンヴォイアメックスでは決済条件が追加されてしまいました・・・

無料宿泊特典の付与スケジュール

プログラムの開始時期と無料宿泊特典のプレゼントはこちらをご覧ください。

 

【新特典】上位エリートの会員資格の取得がさらに簡単に!15泊の宿泊実績をプレゼント

上級会員へのアップグレードは決済条件のほかに、宿泊実績に応じて付与されます。

  • プラチナ会員へは年間50
  • チタン会員へは年間75

と数多く宿泊をすればするほど、上級会員への資格をGETできます。

  • SPGアメックスカード:5泊
  • マリオットボンヴォイアメックス:15泊

とより多くの宿泊実績が付与されるので上級会員(プラチナ)への達成が簡単になります。

10泊分が15,000円で買えたと思っている人もいるほど!凄まじい(笑)

 

【新特典】100ドル(10,000円相当)のホテルプロパティクレジット付与

こちらはメリットのある特典かと思います。

  • ザ・リッツ・カールトンに2連泊
  • セントレジスに2連泊

をすると、100ドル(10,000円相当)のホテルプロパティクレジットを付与されます。

 

【新特典】スマートフォンプロテクション

こちらは追加の特典です。いざという時に活用ができます。(個人的には嬉しい!)

【新特典】帰国時の手荷物配達

アメックスゴールドカードを利用していたときは海外旅行の帰りに良く利用をしていました。

羽田空港が追加になったのは嬉しい特典かもしれません!羽田を利用されるお客様は朗報です!

 

【新特典】券面の切り替えタイミングについて

昔のカードの券面の方が好きだな・・・

いやブラックってカッコよくない!?と思っている方!

実際に券面の変更はいつになるのか?チェックしていきましょう!

券面・サービス・年会費の移行について

すでにSPGアメックスカードを持っている方、解約を検討中の方、新規発行を検討中の方

2022年2月24日以降|新カードプログラムにて

  • MarriottBonvoyプラチナエリート取得プログラム開始
  • 対象ホテルの2連泊以上で100ドルのホテルクレジット
  • 家族カード年会費1枚目無料
  • スマートフォンプロテクション補償開始
  • 手荷物宅配サービスの拡充
  • 無料宿泊特典獲得プログラム開始

2022年5月1日以降の請求より

  • 基本カード年会費の改定
  • 宿泊実績15泊のプレゼント

2022年8月1日以降

  • 海外旅行損害保険適用条件の変更

というスケジュールで動きます!

 

マリオットボンヴォイアメックスカードをおすすめする人・しない人

Twitterでもアンケートを実施しましたが、かなり意見は割れております。

では、カードのサービスや特典から考える「発行すべき人・そうでない人」を区別しようと思います。

より具体的な考え方をしておりますのでチェックしてみてください!

おすすめする人の特徴はこちら

  • 年間400万円のカード決済をしている人(プラチナ会員になれる)
  • ホテルの上級会員資格を得たい人

おすすめしない人の特徴はこちら

  • マリオット系列のホテルに年間5泊はしない人
  • クレジットカードに5万円もかけられない人

Point!なぜ5泊が必要なのか?

年会費の元を取る対応として、

ホテル宿泊5泊を一定のラインと考えています。1泊30,000円の客室に宿泊をしたと考えてもらえる特典はこちら

  • 宿泊ボーナス:3,750×5=18,750P(約12.5%
  • 宿泊をカード決済:1,800×5=9000P(還元率6%
  • 客室のアップグレード:10,000円(1/5回)
  • レイトチェックアウト:10,000円(1/5回)
  • レストランの15%オフ:1,500(10,000円利用の場合)

これだけで、49,250円のメリットがあります!

30,000円のホテルに5回宿泊するだけで、カードを持っている場合と持っていない場合では年会費分の約5万円の元が取れてしまいます!

カードは継続するという意見も多数

個人的には、カードは継続をします!

2022年現在SPGアメックスカードをメインカードとして保有をしており、券面については2月末に申請をして新たなカードを保有する予定です。年会費は上がりますが、それ以上にマリオットボンヴォイカードにはメリットが隠されています!

私(トラベル太郎)がカードを継続する理由

  1. 年会費は15,000円UPでも元は取れる
  2. 年会費以上のポイントを獲得できる
  3. 今回の変更で、上級会員の淘汰が始まる
  4. 結果的に上級会員特典が享受される環境になる?

と実感または推測をしているのでカードは継続することを決定いたしました!

 

まだ発行するか?とりあえず様子を見て継続をするか悩んでいる人は、新マリオットボンヴォイカードを使ってみて感じた率直な意見を発信していきます!

マリオットボンヴォイカードの新規入会キャンペーンについて

クレカ徹底比較
入会特典 最大49,000P
公式より+10,000P
3ヶ月以内に30万円決済

入会はこちらから
最大49,000P
公式より+10,000P
3ヶ月以内に30万円決済

入会はこちらから
現状、新規入会キャンペーンについての更新はありません。
ですが、カードの新規誕生の際には基本的に大型キャンペーンを実施する可能性が高いです!
2022年2月25日以降に発表されると思いますので、公式からのプレスリリースを待ちましょう!
年会費が上がった分、入会特典も気前良く10万ポイントなど欲しいですね!

【まとめ】マリオットボンヴォイアメックスカード

他のホテル系クレジットカードはどうなのか?

ここに来て、少し光を浴びた?ヒルトンアメックスについても解説をいたします。

ホテル系
クレカ比較
年会費
(本会員)
16,500円(+税)
66,000円(+税) 31,000円(+税)
無料宿泊
継続特典
1泊
年間150万円決済必要
2泊
年会費支払い=1泊
年間300万決済=さらに1泊
1泊
決済条件なし
還元率
ホテル利用時
100円=3ポイント
(通常決済時は2P)
100円=7ポイント
(通常決済時は3P)
100円=6ポイント
(通常決済時は3P)
上級会員
資格
ヒルトンオーナーズゴールド
ヒルトンオーナーズゴールド マリオットゴールド
決済P 100円=3ポイント
150万円以上の決済必要
100円=7ポイント 100円=3ポイント
決済条件なし、保有だけで
加盟
ホテル数
18ブランド/6,500軒
国内約20ホテル
18ブランド/6,500軒
国内約20ホテル
30ブランド/7,800軒
国内約70ホテル 
ブランド
ヒルトンコンラッド
LXRダブルツリー
ヒルトンコンラッド
LXRダブルツリー
ザ・リッツ・カールトン
シェラトンマリオット
ウェスティンWホテル
セントレジス
おすすめ
ポイント
HPCJ*初年度年会費優待
(25,000円→10,000円)
・朝食無料
・5泊目無料宿泊
・P有効期限15ヶ月
・マイル交換100=0.2
HPCJ*年会費優待
(25,000円→初年度無料)
・朝食無料
・5泊目無料宿泊
・ダイヤモンドステータス
・P有効期限15ヶ月
・マイル交換100=0.2
・客室のアップグレード
・レイトチェックアウト
・40社の航空マイルに移行
・P有効期限24ヶ月
・マイル交換100=1.25

紹介特典 最大60,000P
公式より+6,000P
6ヶ月以内に75万円決済
入会フォームはこちらから
最大160,000P
公式より+14,000P
6ヶ月以内に150万円決済
入会フォームはこちらから
最大49,000P
公式より+10,000P
3ヶ月以内に10万円決済
入会フォームはこちらから

【徹底比較】ヒルトンアメックス・SPGアメックスカード

【2月最新】SPGアメックス紹介キャンペーン|最大99,000ポイント

ヒルトンアメックスやSPGアメックスなどと比較してマリオットボンヴォイアメックスが価値あるカードかどうか?あなたの心の中では決まりましたか?ぜひコメントで教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA